FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

2014年の薔薇たち

6233-2.jpg
今年も、ますます勢いよく真っ白に咲き誇るアイスバーグ。

6269-2.jpg
美しい花姿のロイヤルサンセットは、まさに夕焼けの茜色。

6265-2.jpg
鉢から地植えにしたところ、一気に40輪もの花を咲かせたパフ・ビューティー。

6259-2.jpg
小さな白い花びらのスノーグースも、特注のオベリスクでいい表情。

6252-2.jpg
ピンクの花びらをはらはらと散らす姿が特徴のクィーン・オブ・スウェーデン。

6152-2.jpg
さざ波という意味を持つヴァグレットは、リュスクで大人っぽい雰囲気。

6248-2.jpg
赤い葉の紅スモモをバックにグラハム・トーマスが映えてます。

6257-2.jpg
つる薔薇バレリーナには、毎朝ハチが蜜を求めてブンブンと。

6197-2.jpg
凛とした黄色の剣咲き薔薇、天津乙女は母好み。

6242-2.jpg
ディープカップ咲きのアブラハム・ダービーは、強い香りが魅力的。

6214-2.jpg
最後に。。。
真っ白な薔薇ヨハネ・パウロ2世(右上)と我が家のヤンチャ犬パウロ君(左上)。










スポンサーサイト

2014.05.18 | | Comments(0) | 植物

野すみれ

5821-1.jpg

毎年、春が来ると楚々と咲いてくれる野すみれ。

幼かった頃、白い野すみれが咲く原っぱがあり、毎年楽しみにしていた。でもそこは草野球などをする人もいたり、気にしないで踏んづけたりする人もいて、ほとんどの人にとっては単なる草だったのかもしれない。あれから何十年も経った今、野すみれたちはあちこちの花屋さんでたくさん見かけるようになった。5年前に出会った3種類の野すみれも、いつの間にか一種類のみが鉢全体を覆うほどになった。他の子たちは自然消滅かなぁ。何はともあれ自作の鉢でグングン成長してくれる姿は、ほんとうに愛おしい。



先週のカルチャースクールで、前回のレッスンで仕上げた野すみれを持参されたMさん。神戸展で購入してくださった花器に素敵にアレンジされ、みなさんにお披露目。「素敵〜♥』と歓声があがった・・・そのとき・・・「あ〜〜持ってくればよかった! いままさに見頃の野すみれが我が家に咲いていたのに〜」と悔しがった私。


こんな感じで咲いています。





野すみれの特徴は、花の付け根の茎がチョンと上に5ミリぐらい跳ね上がり、それから下に降りているところ。5787-2.jpg
自然の姿は、やはりいつ見ても何だか不思議でおもしろい。



















2014.04.18 | | Comments(2) | 植物

クリスマスリース

4342-1.jpg

クリスマスカラーと言えば、赤と緑。







今年は庭の樹々が何だかいっぱい茂りました。愛と寛大さを表す赤は、ヒイラギの実やピラカンサで、永遠の命を表す緑は、もみの木や柊で。小さいものから大きいものまで楽しんで制作し、いつもお世話になっているあの人この人に、ほんの気持ちをお届けしました。


4119-1.jpg  4310-1.jpg


4357-1.jpg  4246-1.jpg











2013.12.26 | | Comments(0) | 植物

今年の薔薇

rose1.jpg

「バレリーナ」が咲きました。

去年、唯一、見事に咲いてくれた薔薇は、今年もいっそう華やか。実は昨年、引っ越しと展示会に追われ、薔薇の消毒まで手が回らなかったため、バレリーナ以外はほとんど薔薇ゾウムシにやられ無惨な状態に。


真っ白なアイスバーグも次々と咲いています。rose2.jpg
ちょうど妹の友人の遺作展があり持っていったところ、奥様が白い薔薇をとても喜んでくださったようです。


薔薇の咲く季節は、そんなに長くはありません。ちょうど会う方がいると、小さな花束にして薔薇のプレゼント。rose3.jpg 



昨年、求めたオレンジのロイヤルサンセット。甘いムスクの香りの小さな花が可憐なスノーグース(白)も、こんなに元気。
rose4.jpg



今年は咲いてくれたね。
美しい薔薇たち、ありがとう。










2013.05.25 | | Comments(0) | 植物

「アガパンサス」

 images-1.jpeg

最近の早朝ウォーキングの楽しみのひとつは、あちらこちらの庭先の草花を眺めること! 紫陽花もそろそろ盛りを過ぎたいま、薄紫のアガパンサスを珍しく見かけました。細長く伸びた茎の先に、パッと花火のように咲く涼しげな姿は、初夏の暑さを一瞬和らげてくれるようで大好きな花のひとつです。

染花を始めた40年近く前、初めて作ったのがアガパンサスのコサージュでした。その時は何故か、渋い色で作ったような記憶があります。

7月の東京教室は「ヒメアガパンサス」のレッスンです。風にそよそよと揺れる姿は、アガパンサスよりちょっと繊細。images.jpeg

軽やかさと透明感を出すためにシルクデシンを使います。生徒のみなさん、それぞれの思いで咲かせる花は、どんな色を希望されるのでしょう? 色によって、ガラッと違った個性的な表情になるので、私にとっても楽しみです。



実は先日、アガパンサスをはじめ、クチナシやスズラン、夕顔、アブチロン、ポーチュラカ、クレマチス、バラ、ブルーベリーなどなど、たくさんの苗を買い込んでしまいました(花屋の前を素通りできない性分)。これから我が家の庭をいろいろ作り替えてみたいと計画中! 庭作りが大好きだった母も体調を崩し、ここ15年くらい前から父にバトンタッチ。その父も5年前に他界したあと、ガーデニングに目覚めた妹が咲かせる鉢植えの花々は、四季折々美しく咲き誇っています。

しかし。。。
庭のほうの植栽が乱れはじめ、まとまりがない!

そこでスコップ片手に・・・と考えてはいるのですが・・・

サザンカやツバキや梅、モクレン、サツキなど和風な木々が多いので、鎌倉のお寺もちょっとだけヒントにしようかな? でもバラも数本あるし・・・などなど思案中。

Unknown.jpeg

いい感じにアガパンサスも咲いています。あくまでも「参考に!」と考えているだけなので、ほど遠いかも・・・














2012.07.04 | | Comments(2) | 植物

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。