FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「季節の恵み」

P1020787.jpg

日本人ほど、四季を愛でる国民はいないのではないでしょうか!

今日は久しぶりの友人と3人で、銀座の「源吉兆庵」でランチをしました。
春野菜づくしに、思わずパチリ!
ウドや木の芽、ふきのとう…、そのなかでも土筆(つくし)に出会ったのは何年ぶりでしょう。

子供の頃から植物が大好きだったようで、春のなるとよく土筆を摘んで持ち帰りハカマを取って、母に料理してもらっていたことを思い出しました。

湯葉の上に、ひと茎だけ添えてあり
その味は、ちょっぴり苦く春の香り。P1020789.jpg

P1020790.jpg

愛らしい貝合わせの器が、さらに料理を美味しく感じさせます。
やはり日本料理が、いちばん好き!

*****写真はクリックすると大きくなりますよ*****

スポンサーサイト

2007.03.30 | | Comments(0) | 食べもの

「小淵沢便り」

P1020783.jpg

3月28日、東京は暖かな朝、小淵沢もずいぶん春の気配が感じられた。
とは言えやっと梅が咲き、木々はまだまだ冬模様!

A邸のガーデン施工は、順調に始まっていた。
山桜を一本だけ残し、あとは笹の根などを掘り置こし整地したあと石張りが美しく進められ…
シンボルツリーのケヤキ、ヤマボウシも植えられ少しずつ様子が見えてきた。
標高7~800メートルでの植物の適正を地元の業者に聞きながら、ビニールハウスで育てられている宿根草やハーブなどを調達した。
写真(クリックすると拡大)に写っているのは作りかけのパーゴラ。そこにはアプリコット色の四季咲き薔薇を求めた。玄関から庭に続く階段口にはアーチも備え、モンタナ系のクレマチスを。

5月、6月にはラベンダーをはじめ20種類ぐらいの香りたつ花々が咲き始め、木々も美しい緑の葉っぱを付けることでしょう。

芝張りもはじまったようだ。
10日後、訪れるのが楽しみ!

2007.03.30 | | Comments(0) | 仕事

「津田塾大学にて」

07-03-21k.jpg

3月17日(土曜日)、学生たち「平和プロジェクト」による5日間の催しが無事終了しました。「花と人形が奏でる平和のハーモニー」ということで参加させていただいた私達のインタビュー形式のトークも和やかな雰囲気のなか行なわれました。
創作をやり始めたきっかけは?
平和とのかかわりは?
若い人へのアドバイスを……など。

その後、朝日新聞の川上泰徳記者(元外報部中等総局長)が、二つの映画を中心に「今、世界で何が起き何が模索されているのか…」と、お話がありました。
学生たちから活発な質問や意見などがどの場面でも見られ、そのキラキラしたまなざしに未来への希望を感じずにはいられませんでした。

今年卒業されたみなさん、「ご卒業おめでとうございます!」P1020753.jpg


そしてこれからもこの学び舎で勉学に励まれるみなさま、津田梅子さんの精神に添ってさらに素敵な成長をされますよう、お祈りいたします。

人形作家*村田あけみさんのHP*
http://kupuka.com/index.html

2007.03.24 | | Comments(0) | 仕事

「パラダイス・ナウ」

恵比寿の東京都写真美術館で、4月27日まで上映されている映画「パラダイス・ナウ」を観てきました。
イスラエル占領地ナブルス、自爆攻撃へ向かう二人の若者の48時間が描かれています。
ひとりの若者が言います。「尊厳のない人生…侮辱され無力感を感じながら生きていく。この抑圧の中で生きているのなら…不正を終わらせる道を見つけるべきだ」と。
パレスチナ人が願ってやまない自由と基本的人権。占領と差別の中、全てを制限された状況下で60年もの長きにわたりこの世の地獄を味わっています。
この映画の監督であるハニ・アブ・アザド監督は「彼らの絶望に対する、世界の無知。占領地での悲嘆、苦しみ、人権の侵害すべてに対し、長年世界が見てみぬふりをしている。だから、そこに住む者たちは自らの手で行動を起こすのだ。また、このような状況下で行動を起こさずに見て見ぬふりをしていることで、世界は暴力とその連鎖に加担しているのも同然だ」と語っています。

明日は、津田塾での私達のトークのあと、3時過ぎからこの映画と「約束の旅路」の両監督にインタビューされた朝日新聞の方のトークが行なわれます。

私たちは、当たり前のように「尊厳をもって生きる自由」を与えられています。尊厳のない人生は想像することすら難しいかもしれませんが、その事実に向き合い、共に考えることのできる貴重な一日となりそうです。

2007.03.16 | | Comments(2) | 映画

「高島屋講習会」

今にも咲きそうだった桜の花も、この寒さでまたギュッとかたい蕾に…。
でもベランダの木々たちは、小さな小さな新芽がほんの少し顔を出してきました。
春ですね!
P1020608.jpg

3月の高島屋講習会は、「アンティークリース」です。
染めてセットしたものを用意しますので、2時間足らずで簡単に出来上がります。
3月23日、10:30~12:30


P1020607.jpg

5月25日・6月22日は「私いろの豆」。
染色もご自身で楽しんでいただける講習会が始まります。10:30~12:30
お好きな色で、豆3本とユーカリの葉を染めます。
自分が作りたいイメージが作品に仕上がる感動を味わってみて下さい!

詳しくは、日本橋高島屋セミナー事務局(新館9階)03ー3246ー2175
もしくは、メールでお尋ねくださいませ。
luna_santaverde@ybb.ne.jp

2007.03.15 | | Comments(2) | お知らせ

「若者たちが紡ぐ平和の文化」

P1020724.jpg

明日、3月13日(火)から、津田塾大学で「平和」をテーマにイベントが開催されます。津田塾大学創立100周年の2000年から、学生有志が集まり、この混迷する世界のなかで、若者として自分たちにできることはないかと、平和の種蒔きになる活動をつづけてこられました。
14日の卒業式をはさんで、交流館では「花と人形が奏でる平和のハーモニー」として、村田あけみさんの土の人形。そして私の染花と花器を展示します。
チャペル内にはフランチェスコの人形、入口に赤い花「感謝の花束」など…。

今日は、生徒の皆さんに手伝っていただき、無事ディスプレイ終了!
お疲れ様、そしてありがとうございました。

最終日17日(土)は、11時から12時30分まで、熊谷冨裕氏(元NHKプロデューサー)による「世界の国々を取材して」のお話しがあります。参加費1000円。
午後2時から3時まで、私達ふたりのギャラリートークも行なわれます。

では明日からどうぞよろしくお願いいたします。
最終日ごろ、運が良ければ武蔵野の森の桜もほころびはじめるかも…。P1020737.jpg


2007.03.12 | | Comments(0) | 仕事

「久々の陶芸」

P1020717.jpg

いやーっ、何か月ぶりでしょう!
去年の10月に東銀座に引っ越して以来ですから、もう半年ぶりの陶芸です。
窯を持っていない私は、引っ越すたびにヤドカリのように次の窯探しがはじまります。

このところブログの方ちょっとおさぼりしていたのも、この作陶や講習会が重なり…
どうしても落ち着いてパソコンに向かっている時間がとれず、失礼しました!

「家庭画報5月号」の通販ページに掲載される3点の作品を前もってある程度、数を作っておかなければならないのです。ですから、写真には同じモノがたくさん写ってます!
個展とは違った意味で責任があるので、絶対失敗は許されない。
さてどこの窯を借りようか…?
ここなら安心!!というところを思い出し、早速お願いしてみたら心よく使わせていただけることになり、なんと横浜まで行っちゃいました!
私が陶芸を始めたころ、その教室にスタッフとしておられた方が、今、ご自宅で「ひいろ」という工房を開かれています。
普通のお部屋を、ご主人の日曜大工でじょうずに増改築され、落ち着いて暖かないい雰囲気のスペースにされています。生徒さんにも大人気のわけは、この雰囲気と何といっても先生の明るさと丁寧なご指導だなあーと納得!
私も、このたびはすっかりお世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。

2007.03.11 | | Comments(0) | 仕事

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。