スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「広島での展示会」

dm_h.jpg

郷里の広島で展示会をしたのは、ちょうど10年前。。。。。。

久々の広島展に向け、今年の猛暑をモノともせず陶芸三昧に明け暮れた日々でした。

ここ数日、まだ残暑が続いていますが、作品展の始まる9月末には秋の風も吹いてくれることでしょう。ギャラリーは展示スペースと、その奥には広いウッドデッキが屋外に広がっています。扉を開けると、夕暮れの風が心地よく流れてきそう。

このたびは魅力的な作品を発表されている友人、木工作家の松本寛治さん、ステンドグラス作家の高森一翠さんにも賛助出品していただきます。旧友たちからも連絡が入ってきており…賑やかで楽しい展示会になりそうな予感。

会場は川が流れる平和公園にも近く原爆ドームへも数分で行ける位置にあります。広島出身でありながら、東京在住が30年近くなった今、この場所で行う展示会は「世界で唯一の被爆国日本の広島」を改めて意識するいい機会になったように思います。

ご縁がありましたら、是非広島の街にお出かけ下さいませ。



「染花と器、そして書展」
2010.9.30(木)~10.5(火)
11:00am~6:00pm(最終日4:30pm)

広島市中区大手町1丁目5-12
TEL.082-248-1128
ギャラリーてんぐスクエア










スポンサーサイト

2010.09.21 | | Comments(0) | 仕事

「たいせつなこと」

RIMG0024_convert_20100904092518.jpg

先日、友人から「ホ・オポノポノの教え」という本が届きました。

ホ・オポノポノとは、数百年も前からハワイに伝わる問題解決の方法とのことらしいのです。「すべての人、もの、出来事は自分自身の内面の表れであるため、たえず自分自身に慈しみの心で接しクリーニングして魂の負債を減らそう…」と。

クリーニングをするために必要な四つの言葉として
「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」とあります。


こうして年を重ねてくると、そのことは実感として非常によく理解できます。


先日、日本橋三越で開かれていた「マザー・テレサ生誕100年展」に行きましたが
そこでもマザー・テレサが残した数々のことばの本質は同じように思います。

「ほほえみは愛のはじまりです」は大好きなことばで、「書」の作品としても書いていますがたいせつなことは、とてもシンプルです。


そのシンプルなことを忘れないよう、クリーニングを繰り返しながら

         今日という日を、また明日へと繋げたい・・・





白マット釉の花器に、「くちばしのような実」と名付けた染花を添えて。










2010.09.06 | | Comments(0) | 未分類

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。