スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「久々の展示会は鎌倉」

dm.jpg

関東で4年ぶりの個展をします。しかし、数年のブランクは正直・・・以前はトントントンとできていたことが、モタモタしっぱなし。でも最善を尽くし、その日を迎えるしかありません。

1年ぐらい前…「そろそろ来年あたり個展をしようかな」と考えていたところ、友人の書家、小宮求茜さんが個展をされた鎌倉の「GALLERY B」に出会いました。

写真家の十文字美信氏が、昨年の4月にオープンされた洋瓦葺きのギャラリーは、天井が5m近くあり大きな梁は若狭地方の松の古材を使っている。エントランスの石柱は、京都の神社で使われていた御影石。入口のドアはトスカーナの邸宅にあったものなど、それらひとつひとつが美しい空間を作り上げている。

その空間を見たとき、イメージは広がりました。そして会期が近づくにつれ、期待と不安はつのりますが・・・今の私をご覧いただければ幸いです。


2011年11月3日(木)~7日(月)
AM11:00~PM6:00(最終日はPM5:00まで)

「GALLERY B」
神奈川県鎌倉市雪ノ下1-7-22
TEL0467-61-3756
http://galleryb.jp/










スポンサーサイト

2011.10.19 | | Comments(0) | お知らせ

「風花東京」

disp_90774.jpg

ここは、南青山にある花屋&カフェバー「風花東京」。角地にある建物1階の壁が数百種類の花と緑におおわれ、思わず見入ってしまった。入口の横の狭いスペースにも、水が流れ小川のようなあしらいがしてある。

それらの植物たちは、まるでそこにずっと生き続けてきたかのような生き生きとした姿。オーナーの石原和幸氏は長崎出身。思案橋の5坪の花屋は面積あたり日本一の売上げを達成し、ガーデニングの本場である英国のチェルシーフラワーショーでは、何度もメダルを受賞されているらしい。


この日は友人に誘われ、トルコ大使館のイベントに出かけた。それはさらっと流す程度のものだったが、そのお陰(?)で、表参道界隈を久しぶりに歩くことになった。ここは、28年前はじめて個展をしたのがきっかけで、「ばらいろの帽子」というアトリエの仕事の納品のため、よく通った道だ。原宿から表参道に抜ける住宅街にあったその建物は、もうすでに移転して、そこにはない。以前はまだ静かだった住宅街の入口あたりは、いま若者文化というか…たくさんのショップと若い人が往来し、すっかり様変わりしていた。

その人ごみに疲れ、行き着いたカフェが「風花東京」。友人とゆっくりコーヒーを飲みながら、ふと見ると、壁にこんな言葉が書かれていた。


   数分間、幸せでいたいなら…詩を読みなさい

   数時間、幸せでいたいなら…酒を飲みなさい

   一生、幸せでいたいなら…庭師になりなさい


思わず、ホッコリした気分になった。
そうそう! 確かに毎朝ほんの少しの時間、植物に触れて始まる一日は、ささやかではあるけれど幸せ気分。その季節にふさわしい花を咲かせ、実を付け…脈々と新しい命を繰り返す植物たち。大自然の営みは、とっても神秘的で魅力的です!









2011.10.17 | | Comments(2) | 未分類

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。