スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「冬の贈りもの」展

3929-1.jpg

自宅から車で7分。住宅地のなかに存在する「ギャラリー瓢箪堂」は、自然が見事に生かされた敷地300坪のなかに建つ。庭のあちこちには、作家の作品が無造作に遊ぶ空間。

自然の雰囲気を得意とする庭師が造園された庭には、6月になるとガクアジサイやユリが楚々と咲いていたり、夏は緑色をした栗の実が、小枝の先にポツンとなっていたり・・・その風情は、はかなげでありながら凛としていて、大好きな世界です。晩秋の今は、モミジやナラなどの紅葉が庭一面を美しく彩っています。

この季節になると、毎年催される「冬の贈りもの」展。今年も素敵なものがたくさん集まって、楽しさいっぱいの展示会が開かれています。私もお誘いを受け、小さなコサージを出品しました。

ガラスやレザー、布を使った小品。ザックリと編んだ暖かそうなマフラーやセーター。そしてフルーツケーキやジャムなどのお菓子もあり、どれもこれもほしくなるものばかり。そんな気持ちにさせるのも、オーナーによるレイアウトのセンスの良さが大きい!季節を意識し、私のコサージもビロードなどを使った小さいものを出品したのですが、こんな風に棚に設えてあるとは! 新鮮でした!

11月22日(金)〜12月1日(日)11:00〜18:00 

                     

          ★瓢箪堂★
                広島市安佐南区長楽寺3-3-43 ☎082-878-7688

           
                








スポンサーサイト

2013.11.26 | | Comments(0) | 仕事

Message100おしゃべりなArt展

art10001.jpg

いま、銀座の「ギャラリー悠玄」で、おしゃべりなアート展が開かれています。「今この時」をテーマに、ジャンルと世代を超えた100人が生み出した創造の世界。去年に引き続き2回目の参加は、墨文字「Dandelion in the wind」を出品しました。「花」という字を使い¨風に吹かれて飛んでいるタンポポ¨を思いのままに墨文字で表現した作品です。        

ギャラリー悠玄のチーフディレクター佐藤省さんも、紙、糸、木を使って「形ト言ノ葉ノcircus」を出品されています。とても優れたアーティストで、いつもお会いするたびに身体の奥にド〜ンと響く何かをいただける貴重な知人です。作品を拝見できないのが残念ですが、上京した折には、またお目にかかれればと思います。




        ギャラリー悠玄
     東京都中央区銀座6−3−17悠玄ビル
     TEL 03−3572−2526

     会期 11月11日(月)〜23日(土)













2013.11.19 | | Comments(0) | 仕事

「MANOS GARDEN 」にて染花レッスン

3888-3.jpg3880-3.jpg3893-3.jpg3889-3.jpg

今年の夏から始まった広島でのプライベートレッスン。先日のレッスン風景です。
ここマノスはカフェも備えたショップ。MANOSはスペイン語で手を意味し、取り扱っていらっしゃる商品も、既成の価値ではなく「これが好き」「あれがあったらいいな」といった独自の目線で集められたものが紹介されています。

心地いいBGMが流れるなか、ポピーを仕上げました。染色はモアの生地を使ったエーデルワイス。先月染めたものを今月仕上げ、今月染めたものは来月仕上げるスライド方式です。ですから先月染めたポピーが、こうして今月できあがり、来月はエーデルワイスを仕上げ、また別の花を染めます。素敵な空間で、非日常をゆったり過ごしながら、自らの手で「私だけの花」を造っていただくコースです。

みなさんの悦びの笑顔は、私の何よりの悦びです。




    「手」が機械と違うのは心と繋がっているから。手はただ動くのではなく、
  いつも奥に心が控えていて、働きに悦びを与えたり、また道徳を守らせたりする。
                 柳 宗悦

                          (MANOSの一文より)












2013.11.18 | | Comments(0) | 仕事

広島観光

3722-1.jpg

これは???  



3716-1.jpg

そうなんです!宮島のシンボル大鳥居です。ちょうど引き潮になっており、私も初めての体験でしたが、鳥居まで歩いたところ、満潮時には海に浸かっている部分にフジツボがびっしり!クスの自然木で造られた周囲10mの支柱が6本。海底深くに埋められているのではなく自分の重みだけで建っているのですから、数百年前の先人の知恵に改めてびっくり!




3727-1.jpg

世界文化遺産に認定された厳島神社は海を敷地としているため、いつも不思議な感覚を覚えます。満潮時には海の青と社殿の朱のコントラストが実に美しいのです!




3712-1.jpg

通称「千畳閣」。豊臣秀吉公が戦没者を供養するために建立を命じたらしいのですが、秀吉の死により未完成のままだとか。初めて入ったのですが、想像を超えたそのダイナミックさに打たれ、木造の涼しさに身体が生き返った感じ。




3734-1.jpg

宮島からクルージングしながら市内に入り、平和公園で下船。あたりはすっかり日が沈み、夜の原爆ドームです。




3740-1.jpg

朝の原爆ドームです。




3747-1.jpg

慰霊碑の向こうに原爆ドームが見えます。




3752-1.jpg

原爆資料館も40年ぶり。以前とは格段に立派になり、何が、どうして、どのようにして起きたか!そして今の現実などがしっかりと秩序立てて陳列されている。ただ、原爆の悲惨さを目の当たりにできる写真などは、ほとんど排除されていました。難しいところなのかも知れませんが・・・。



3743-1.jpg

原爆の子の像の後ろには色鮮やかな折り鶴が捧げられており、たくさんの作品のなかに、こんな作品が。 「PEACE」平和な世界がきますように・・・。




3759-2.jpg

ここは中区にある縮景園。小雨に煙るツワブキのグ〜ンと向こうに太鼓橋。その上で、確か半世紀以上前「こわいよ〜」と四つん這いになっていた記憶が?!




3762-2.jpg

苔が、いい感じに濡れています。あと一週間もすると紅葉の葉が色を添えているのでしょうね。



隣接する県立美術館では、ちょうど「シャガール展」を開催していました。日本で初公開された、たくさんの作品に出会えラッキー! その色の鮮やかさ、配色の素晴らしさにグングン引き込まれ、東京から来た友人も堪能した様子。友人のお陰で、案内役の私にとっても充実した2日間の広島観光となりました。

もちろん、食事は宮島の穴子に始まり、広島風お好み焼き、鮮魚の炉端焼き、最後は牡蠣の釜飯で締めと相成りました。  











2013.11.12 | | Comments(0) | プライベート

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。