スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

東京行き

5909-1.jpg

このたびの上京は新幹線を降りると、まず上野へ。2年前まで我が庭のように散策していた上野の森は、大きな樹々の新緑が眩しく美しい。ちょうどオバマ大統領訪日の影響でコインロッカーが使えず、重たいキャリーカーをゴロゴロ引きずりながら、ちょっとカフェで一息。音大の学生らしき人が、大きなチェロを担いで目の前を行き交う。芸術と文化を感じる街に、あらためてうっとり。。。そこから少し歩き、以前も時々訪れていた谷中の老舗「田邊筆店」で小筆を3本求める。。久々の東京をオノボリサン気分で渋谷へむかい、夕食は親しい友3人で沖縄料理を食べながら談笑。


それからの4日間、偶然にも毎日銀座に出かけることに。東京にいても、こんなに銀座の同じ道を4日間続けて歩くことはありませんでした。友人との食事、いろいろな打ち合わせ、教室・・・など、すべてが銀座に集中したのです。当然またオバマさんが銀座の寿司屋で夕食という場面にも遭遇し、道路規制や人、人、人のなかを通り抜けることに。しかし、毎日とても清々しい春の陽気に恵まれ、満開のハナミズキ並木を歩くことができた。


それから神戸で、昨日そして今日の教室を終えると、今夜、一週間ぶりに広島に帰省します。忙しく楽しく過ごした濃い日々は、かなりの疲れも感じましたが、今朝久々にゆっくりアトリエの屋上パティオでひとりモーニングをしたせいか、やっと身体がいつもの調子に戻った感じ。6027-1.jpg



東京や神戸の友人や生徒、そして広島の家族。たくさんの人との関わりのなかで生かされていることを、あらためて感じる日々です。














スポンサーサイト

2014.04.28 | | Comments(0) | 未分類

野すみれ

5821-1.jpg

毎年、春が来ると楚々と咲いてくれる野すみれ。

幼かった頃、白い野すみれが咲く原っぱがあり、毎年楽しみにしていた。でもそこは草野球などをする人もいたり、気にしないで踏んづけたりする人もいて、ほとんどの人にとっては単なる草だったのかもしれない。あれから何十年も経った今、野すみれたちはあちこちの花屋さんでたくさん見かけるようになった。5年前に出会った3種類の野すみれも、いつの間にか一種類のみが鉢全体を覆うほどになった。他の子たちは自然消滅かなぁ。何はともあれ自作の鉢でグングン成長してくれる姿は、ほんとうに愛おしい。



先週のカルチャースクールで、前回のレッスンで仕上げた野すみれを持参されたMさん。神戸展で購入してくださった花器に素敵にアレンジされ、みなさんにお披露目。「素敵〜♥』と歓声があがった・・・そのとき・・・「あ〜〜持ってくればよかった! いままさに見頃の野すみれが我が家に咲いていたのに〜」と悔しがった私。


こんな感じで咲いています。





野すみれの特徴は、花の付け根の茎がチョンと上に5ミリぐらい跳ね上がり、それから下に降りているところ。5787-2.jpg
自然の姿は、やはりいつ見ても何だか不思議でおもしろい。



















2014.04.18 | | Comments(2) | 植物

神戸展を終えて

5546-2.jpg

ちょうど桜が咲き始めた神戸。
展示会の終わる頃には、満開のさくらさくら🌸🌸🌸

まさに『さくら咲く』!
生徒も一緒の展示会は、毎日賑やかに和やかに進行しました。

習いはじめて2年足らずの経験とは思えないぐらいの力作に、それぞれの友人の方々も感心しきり。決めてから開催までの時間があまりなく、2ヶ月に一度のレッスンではなかなか打ち合わせも十分ではなかったにも関わらず、ほんとうによく頑張って制作されました。




5628-3.jpg

          5570-3.jpg

                  5533-3.jpg

          5574-3.jpg          

5633-3.jpg
体験レッスンの花も素敵にアレンジして、魅力的なコサージュにされたSさん




毎日、おひとりおひとりのお客様と接するなかで・・・
毎日、いろんな花をひとつひとつ見ていくなかで・・・
ますます花づくりに対する思いを深くされた生徒の皆さん。


「もっと、あの花もこの花も・・・」と、生徒さんの作りたい思いは募り、広島からもわざわざ足を運んでくださった生徒さんもいらしたり、またまた私自身、大きな励みをいただきました。お立ち寄りいただいたお客様をはじめ、教室として、いつもアトリエを貸してくださっている京子ちゃん、搬入搬出の手伝いをしてくださった生徒のご家族ほか多くの皆さまに感謝いたします。






ありがとうございました♥ 5580-3.jpg







☆あれっ? ピンクは前記述で、あまり使わない色と言いながら・・・
そう! 色は微妙です。えもいえぬ情緒のあるローズダスト色などは、グレーがかったパウダーブルーやスレートブルーの葉を添えながら染めてみたくなりました。


















2014.04.05 | | Comments(0) | 仕事

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。