FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

森山開次ソロダンス「KATANA」

ka.jpg

10月14日土曜日18:00 広島アステールプラザ芸術劇場で、 森山開次さんの「KATANA 」が10年ぶりに再演された。2006年の初演でNew Youk Times紙に「驚異のダンサー」と評された作品だ。開演前の舞台に下げられたダイナミックな書は、友人の書家、小宮求茜さんが書かれたもの。

会場が静寂に包まれ始まった舞台。照明が少しずつ落ちるなか両サイドの書が静かに引き上げられ、次に真ん中の書も上がり会場は真っ暗。そこに開次さんが白く浮かび上がり、不思議な音と共に現われる。その姿は正にKATANA。研ぎ澄まされた肉体表現に、こちらも息を詰めて見入ってしまう。


KATANAには特に定まったストーリーはないという。”KATANA"は、日本人にとって人を殺める武器であったと同時に、自分や自分の国を守る武器でもあったわけです。ひとつの物事には2つの局面があり、強いことは弱いかもしれないし、弱いことは強いことかもしれない・・・と開次さんは言う。後半に天から降ってくる数千の真っ赤な椿。生命の源を表しているかのような赤い椿。そのなかで舞う開次さんの姿は圧巻! そして白い粉雪が静かに舞う・・・。

生きている
生きること
       tubaki.jpg


踊ることへの真摯な姿、その表現力は痛々しいほど。観ている私たちにさまざまな思いを去来させ、スタンディングオベーションで拍手が鳴り止まなかった。今年42歳の開次さんの10年後の「KATANA」も是非観てみたい。





実はこの日、朝から染花教室の生徒さんと高速を走り、八本松の創作料理店「美乃」へ。住宅街にある和風な設えで、風情あふれる演出があちらこちらに。ジャズが流れるお部屋のなかは、秋の花々がセンスよく飾られ、旬の食材を使ったお料理の味も器も感動がいっぱい。オーナーと生徒のひとりが友人で「みんなで行きましょう!」となり、生徒の皆さんとは、はじめての食事会になったのです。
mino.jpg ryouri.jpg



そして、また車を走らせ市内(己斐)へ戻り、今日の染花レッスン「アネモネ」の仕上げと「あわの穂」の染色をした。


朝から夜まで、芸術の秋、食欲の秋・・・と、どっぷり秋三昧の一日でした。


















スポンサーサイト

2016.10.17 | | Comments(0) | 未分類

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。