FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「風薫る季節」

くれ

木の葉が陽のひかりを受け、風薫る季節を迎えました。


つくづく思うことがあります。
あの日から巡ってくる季節が春であったのは、せめてもの救いです。
いえいえ、尊い恵みに思えてなりません。

            しかし「現実は、そんなものではない!」とお叱りの言葉を
            いただくかもしれないことを承知で書かせていただきます。





被災地に咲いた水仙を皇后様に差し出していた女性。辛いことだらけでしょうが、泥だらけの地面から芽をだし咲いた花を摘み取り、「この花のように生きます。。。。。そうですね。ともにがんばりましょう。。。」そんな会話が、花をお渡しするだけで一瞬にして交わされたのではないかと。


カーネーションをハウス栽培していた農家も、津波で壊滅的な被害を受けていました。しかし泥をかぶり枯れた花に混じりつぼみが開花し花を咲かせはじめたものもあったようです。女性は美しくたくましく、そしてけなげに咲く花を見て出荷する決心をし、茎などについた泥を洗い流していました。


花は命です。

花は小さな存在ですが、大きな勇気を与えてくれるような気がしてなりません。



被災者のために何もできていない私がこんなことを語るのは憚られますが、私自身、毎朝ベランダの植物に触れることで、癒しと励ましをもらって一日がはじまります。










2011.05.05 | | Comments(0) | 季節

Recent Comments

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。