FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

末っ子「ミカエル」の紹介

5727-3.jpg

昨年10月、ヤンチャなパウロを何とかお利口さんにしようと3ヶ月の訓練に出した次の日、広島の動物保護施設で出会った子猫ミカエル。三白眼でスリムで一番幸薄そうな子を、あえて我が家に迎え入れた。最初は病院通いの日々が続いた。。。。。が、月日が経つと共に驚くほどの食欲。餌が入っている小さなタッパーのふたを何度も自分で開け、「お皿に入れてちょうだい!」と要求する始末。あれよあれよという間にご立派な顔つきとボディーに。

実は我が家には、昨年糖尿病を発症し、朝夕のインスリン注射が欠かせない14歳のモノ嬢(メス猫)をはじめ、いつまでも子猫のように愛らしい小柄な4歳のルチア(メス猫)。そして、元ご近所に飼われていたが1年半の放浪の末、訳あって我が家の一員になったイケニャンDAISUKE11歳(オス猫)がいる。

ということで、ミカエルは4匹のなかで一番末っ子の女の子。

そして、ネコの他にも忘れてはいけない愛犬パウロの存在。訓練の成果はすぐには無理だったが徐々にいい感じになり、今では以前とは比較にならないほど散歩がスムーズである。でもまだまだ子供のパウロは、加減を知らないところもある。散歩から帰り、我が家のネコに出会うと猛スピードで追いかける。でもネコの俊敏さはすごい!目にも留まらぬ早さで高いところに逃げるのだ。しかしミカエルは違う。受けて立つというか、パウロの鼻や前足で強くつつかれてもおなかを上に向けたままの状態で手で応戦し、全然逃げないのだ。度胸があるというか、遊んでいるつもりか???理由は分からないが、ただただ感心してしまう。
                  6344-2.jpg
母の部屋の窓辺に座るミカエル。。。なかなか不思議な気配が漂う。





猫の成長をこれほど間近で見続けたことははじめてだが、なかなかおもしろい。いつの日か真っ白い犬パウロの散歩に、白っぽい猫ミカエルが一緒に付いてくる。。。そんな光景を創造して。。。思わずニンマリ。
















2014.06.30 | | Comments(0) | 未分類

Recent Comments

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

Profile

santaverde

Author:santaverde

Monthly

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Search


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。